野球肘の治療

2017.07.19 | Category: 整骨院

野球肘は肘に負担のかかる投げ方、いわいる手投げで投げる選手に多く

肘に対して繰り返し負担の掛かる投球動作により痛めてしまいます。

はじめのうちは筋肉が疲労し肘に張りを感じて

それが違和感となり痛みになります。

野球肘は少年野球でも見られますが中学に入り、また高校に入学した時の

軟式から硬式に変わった時に多く見られます。

硬式ボールは軟式と違い大きさや重さが違うので

肩や肘に対する負担も大きくなります。

そこで正しいフォームで投げないと肘の周囲の筋肉にストレスが加わり

後に関節を痛めてしまいます。

当院では野球肘に対してプロ野球選手も使用している

最新医療機器により治療を行い

正しい身体の使い方を指導しています。

それにより野球肘が再発しないようなプログラムを組んでいます。

早期治療が早期復帰に繋がります。

J鍼灸整骨院  042-728-8681

足首の捻挫の治療

2017.07.18 | Category: 整骨院

日常生活で足首を捻挫してしまう事はよくあります。

その原因のほとんどが骨盤の歪みで

歪んでいてバランスが崩れている時に捻挫をしてしまいます。

骨盤が歪む事により左右の脚の長さが違い

グラついた状態になった時に、その不安定から足首を捻ってしま捻挫をします。

治療としては足首の捻挫は足関節だけを治療しても

なかなか早く痛みは取れてくれません。

当院では足首の捻挫の治療は根本である骨盤を治療し

補助的に足首を治療します。

やはり根本を治療する事により痛みも早く取れ

早く歩けるようになります。

スポーツ選手の場合は早く試合に復帰出来ます。

足首を捻挫してしまい

なかなか痛みが取れない

あなた

根本治療をお勧めします。

J鍼灸整骨院  042-728-8681

顔面神経麻痺(ベル麻痺)の鍼灸治療

2017.07.13 | Category: YNSA,はり

顔面神経麻痺(ベル麻痺)はある時突然に顔の半分が垂れ下がった様になってしまい

まばたきをしても、まぶたが閉じなかったり

口に水分補給した時に垂れてしまったりします。

原因はウイルス感染説やストレス説などがあり

あまり解明されていません。

しかし顔面神経麻痺は神経に関する病気なので

鍼灸治療がかなり有効です。

当院にも顔面神経麻痺の方はよく来院されますが鍼灸治療で皆改善されています。

鍼灸治療は内臓や筋骨格やホルモンのバランスを整えストレスの少ない状態にし

一時的に麻痺した神経の再生をはかります。

最近ではYNSA(山元式新頭鍼療法)を取り入れる事で、より改善速度が

アップしています。

顔面神経麻痺でお悩みのあなたには

当院の鍼治療がお勧めです。

ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

脳梗塞後遺症の治療

2017.07.11 | Category: YNSA

最近、YNSA(山元式新頭鍼療法)の本が発刊された影響で

脳血管障害やパーキンソン病などの患者さんが多く来院される様になりました。

特に脳梗塞や脳出血などの脳血管障害はYNSAがよい効果が出ています。

一般に病院のリハビリでは脳の状態を画像で診断し、その時点でゴールが

決まってしまいます。

私も過去に脳神経外科のリハビリテーション科に勤務していましたが

脳血管障害に鍼灸治療は効果があるのだろうか?

と言う疑問は常にありました。

しかしYNSAで実際に患者さんを治療するにあたり

その効果には驚くばかりです。

YNSAは頭に鍼をするだけで約30分程度

待合室でお待ちいただいている間に効果が表れ

歩き方が変わったり、手の動きに変化が出たりします。

これは発症後、早ければ早いほど効果は期待できます。

YNSAの効果は

・痛みを抑える働きのある物質を脳から放出させる

・痛みを脳が感じないように情報の通り道をブロックする

・自律神経のバランスを保つ

・硬くなった筋肉を緩め、血液の流れをスムーズにする

・体を守る免疫力を高める

・自己治癒力を高める

以上の効果で諦めていた病気にも期待が出来ます。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

めまい の鍼灸治療

2017.07.10 | Category: YNSA,はり

めまいは突然来ることが多く

どこかにつかまりたくなってしまいます。

これは頭蓋骨や骨盤が歪んでしまい

のぼせた様に身体の内圧が上昇してしまい

自律神経のバランスがわるくなる事により起こります。

原因としてはストレスなどにより起こりますが

自分の許容範囲を超えてしまった生活を繰り返すことにより起こりますので

充分な休養も必要です。

当院ではこのような、めまいに対しては鍼灸治療をお勧めしております。

鍼灸治療は自律神経のバランスを整え

疲労した事による身体の緊張を緩め

めまいが起きにくい体質へ改善させます。

鍼灸治療はマッサージでは得られない治療効果が期待できます。

めまいでお困りの方、早期改善には早期治療が必要です。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

交通事故 むち打ち症による握力低下とYNSA(山元式新頭鍼療法)

2017.07.07 | Category: YNSA,交通事故治療

交通事故に遭ってしまい、むち打ち症により握力が低下してしまう事もあります。

頸椎は腕の神経を司る為

頸椎を痛めてしまうと指先の方向に向かって走っている神経の経路にそって

シビレや痛みが出たりします。

ひどくなると神経を痛めてしまい握力が低下してしまう事もあり

神経は再生するのに時間が掛かるので長期の治療期間が必要となります。

このような場合は当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)で治療し

頭に鍼治療をする事で神経の再生速度が速くなり痛みやしびれをやわらげます。

YNSAは頭に鍼をする事により神経を通じて全身のバランスを整えます。

むち打ち症で痛みが中々改善されない方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

 

中年の肉離れと脳の疲労

2017.07.05 | Category: 未分類

中年になり普段運動をしてなく

久しぶりに運動して肉離れを起こしてしまうなんてことがよくあります。

これは運動不足も関係しますが、それだけではなく

身体の歪みが、特に骨盤や頭蓋骨の歪みが悪影響をおよぼします。

骨盤や頭蓋骨の歪みにより背側の筋膜が引っ張られ、ハムストリングスや

腓腹筋が過緊張を起こし、そこに瞬発性の力が加わった時に断裂してしまいます。

よってストレッチを充分しても肉離れはその時のコンディションにより起きてしまいます。

これを予防するには普段からの定期的な運動やウォーキングです。

デスクワークにより同じ姿勢で長時間仕事をされる方は特に必要です。

歩く事により骨盤に動きがつき頭蓋骨の緊張も緩和されます。

しかし自分でケアするのも限界があります。

当院では骨盤を矯正し脳の血流をよくすることで身体全体のバランスを整えます。

最近、疲れや痛みでお悩みの方は当院にお任せください。

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

梅雨時のギックリ腰

2017.07.04 | Category: はり,腰痛

梅雨時はぎっくろ腰の患者さんが多く来院されます。

原因は色々な悪条件が重なり合っておきますが

一番の原因は寝冷えです。

夜寝ている時に布団をはいでしまい足を冷やしてしまう事で

内臓が冷えてしまい筋肉が硬直して骨格が歪んでしまい

身体の深部が硬くなりちょっとした動作で「ギクッ」となってしまいます。

この時期にギックリ腰で来院されるほとんどの方に聞くと

心当たりがあると答えます。

特に就寝時にエアコンのつけっぱなしには注意し

エアコンをつける場合必ず腰から下をガードしましょう。

当院ではギックリ腰の方には鍼灸治療をお勧めしています。

鍼灸治療のより内臓や骨格のバランスを整え早急に

痛みを取る事が出来ます。

痛いギックリ腰はヨネモト治療院にお任せください。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

アゴの痛み

2017.07.03 | Category: YNSA,はり

アゴの痛みと言えば「顎関節症」と思われがちですが

「ここ最近、物を噛む時にアゴが痛い」「あくびををする時にアゴが痛い」

なんて言う方がいます。

これは疲労やストレスなどにより

耳の後ろの骨(乳様突起)の下が硬くなるとアゴが痛くなったり、めまい、耳鳴りが

ひどくなったりします。

このような症状になりやすい体質の方はノドの粘液の分泌が弱いため

風邪をひくと喉が痛くなりやすい方にみられます。

これを放置してしまうと顎関節症に移行してしまいますので

注意が必要です。

当院ではこのようなアゴの痛みに対して鍼灸治療をお勧めします。

手足のツボを鍼で刺激する事により

粘液が分泌され耳の後ろの硬さも緩和されアゴの痛みもなくなります。

この時に必ず骨格の歪みもあるので骨盤もしっかり矯正します。

鍼灸治療や骨盤矯正は「怖い」「痛い」と思われがちですが

当院では「痛くない治療」を心掛けておりますので

初めての方でも安心して治療が受けられますのでご安心ください。

最近、アゴの痛みでお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

 

 

梅雨時の痛み

2017.06.30 | Category: YNSA,はり

梅雨時に多いのが神経痛

もともとの古傷がうずいたりします。

これは気温や気圧の変動により起こる現象です。

特に低気圧が身体に悪影響を与えてしまいます。

気温の変動も寝る時に暑くて何もかけず寝てしまい

朝方に冷えてしまい腰痛や寝違えを引き起こす原因ともなります。

この時期に必要なのは冷房の中では腰から下を特に足先を冷やさない事と

睡眠時間を取ることです。

この二つを気を付けるだけでかなりの予防になります。

そして疲れが取れにくい季節はメンテナンスが必要です。

当院ではマッサージで筋肉だけを刺激するのではなく

骨盤や頭蓋骨を矯正する事で全身の筋肉が緩み

深部のコリを取り除きます。

その後にマッサージする事により

より一層の効果がでます。

メンテナンスもヨネモト治療院が承ります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日