パーキンソン病

パーキンソン病対策なら町田・相模大野・玉川学園前の J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

 

世の中には現代の医学では完全に解明されていない難病も数多く存在していまして、その中の1つにパーキンソン病が挙げられるでしょう。
有名人にも患った方がいますので名前は比較的有名です。症状として

・手足の振え(振戦) ・足一歩目が出にくい ・前かがみで小刻みに歩く 

・筋肉のこわばり 等です。

町田・相模大野・玉川学園前の J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院ではパーキンソン病に対し

鍼灸治療YNSA(山元式新頭鍼療法)をお勧めします。

YNSA(頭部に鍼を刺す治療法)とは、山元式新頭鍼療法の略称で山元敏勝医師により考案された頭部に鍼を刺して痛みや麻痺、難病に効果のある治療法のことで、ドイツ・ブラジルを中心にアメリカ・オーストラリア・イタリア・スペイン・オーストリア・スイス・ハンガリー・ルーマニア・フランス・ポーランド・イスラエル・ギリシャなど世界で認められている有名な治療法です。

当院でも脳梗塞、脳出血の麻痺などの後遺症、パーキンソン病、耳鳴り、めまい、交通事故によるムチ打ち症、頑固な肩こり、腰痛、膝の痛みなど様々な疾患に著しい効果を上げています。

YNSAは頸や肘にある診断点に頸椎・胸椎・腰椎・脳幹・大脳・小脳・内臓などの反応が

表れここで診断し頭にボールペンの先の様な細かい治療点に鍼を刺す事により

その刺激が神経を通り脳に伝わる事により様々な痛みの症状が消えたり、動かなかった手や

足が動き始めたりします。

 

YNSAにより次の効果があります。

・痛みを抑える働きのある物質を脳から放出させる

・痛みを脳が感じないように情報の通り道をブロックする

・自律神経のバランスを保つ

・硬くなった筋肉を緩め、血液の流れをスムーズにする

・体を守る免疫力を高める

・自己治癒力を高める

以上の様な効果がありパーキンソン病にも治療効果は期待できます。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院ではYNSA学会に所属し新しい治療技術を取り入れ常に進化し続けています。

町田・相模大野・玉川学園前の J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院では、患者さまそれぞれにおけるベストな健康状態を引き出す根本治療を行います。気になる健康上のお悩みはお気軽に当院へご相談ください!

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日