Blog記事一覧 > YNSA > 指の使い過ぎによる痛みとYNSA(山元式新頭鍼療法)

指の使い過ぎによる痛みとYNSA(山元式新頭鍼療法)

2017.05.25 | Category: YNSA

指の使い過ぎによる痛みもYNSA(山元式新頭鍼療法)は有効です。

YNSAは肘と首にある診断点で身体のどこに異常があるか診断し

頭にある治療点に鍼を刺します。

仕事上で指を良く使い方で

指が慢性的に痛くなる方などもYNSAの治療対象です。

このような痛みも頭に鍼をして全身を調整した上で

指の治療点を探し、そこに鍼をする事で痛みが緩和されます。

これは頭の治療点に鍼をする事により脳に刺激が行きわたり

痛い情報を脳が遮断してくれる事により起こる現象です。

YNSAは身体の痛みだけではなく脳梗塞や脳出血などの脳血管障害ー、パーキンソン病等にも有効です。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日