Blog記事一覧 > YNSA,はり,骨盤矯正 > 顎関節症の鍼灸治療 YNSA 骨盤矯正

顎関節症の鍼灸治療 YNSA 骨盤矯正

2017.05.30 | Category: YNSA,はり,骨盤矯正

顎関節症は「あくびをした時」「物を噛んだ時」等にアゴの

関節にクリック音が鳴ったり、はずれそうになったりします。

一般的には5つの段階に評価され

Ⅰ型 咀嚼筋障害

Ⅱ型 関節包 靭帯障害

Ⅲ型 顎関節内傷 円板内包転位

Ⅳ型 変形性顎関節症

Ⅴ型 精神的因子

5段階に分類されⅠ~Ⅲ型が多くみられます。

歯科医から勧められ就寝時にマウスピースをして寝てもあまり効果が得られない事を

よく聞きます。

これは身体全体のバランスが崩れて結果的に顎関節に負担がかかってしまった為

結果的に悪くなってしまった顎関節だけ治療しても根本的な治療をしなければ一向によくな

りません。

顎関節症の原因としては

①身体の歪み

②足の冷え

この二点を改善する事により顎関節症も変化します。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院では①の身体の歪みに対し骨盤を矯正しバランスを整え

②の足の冷えには鍼灸治療と日常生活のアドバイスで体質改善をはかります。

最近ではYNSA(山元式新頭鍼療法)を付け加えることでより良い結果を出しています。

顎関節症でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日