Blog記事一覧 > YNSA,はり > 自律神経失調症によるフラツキ 鍼灸治療

自律神経失調症によるフラツキ 鍼灸治療

2017.06.15 | Category: YNSA,はり

自律神経失調症は人それぞれにいろいろな症状があります。

その中でもめまいや、ふらつきなどもよくある症状です。

ふらつきは身体の内圧が上昇してしまいのぼせてしまったようになってしまいます。

この事を東洋医学では気の上昇といいます。

これは結果的に頭蓋骨と骨盤のバランスが崩れてしまった事により起こります。

このような場合には耳の後下方にあるポイント(乳様突起の下)が

硬くなってしまい症状としては耳鳴り、顎関節、ふらつきなどの症状が出る事が多いです。

当院ではこの様な症状には鍼灸治療で全身のバランスを整え

骨盤と頭蓋骨の矯正をおこなう事によりふらつきを緩和させています。

ふらつきでお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日