Blog記事一覧 > YNSA,交通事故治療 > 交通事故 むち打ち症による握力低下とYNSA(山元式新頭鍼療法)

交通事故 むち打ち症による握力低下とYNSA(山元式新頭鍼療法)

2017.07.07 | Category: YNSA,交通事故治療

交通事故に遭ってしまい、むち打ち症により握力が低下してしまう事もあります。

頸椎は腕の神経を司る為

頸椎を痛めてしまうと指先の方向に向かって走っている神経の経路にそって

シビレや痛みが出たりします。

ひどくなると神経を痛めてしまい握力が低下してしまう事もあり

神経は再生するのに時間が掛かるので長期の治療期間が必要となります。

このような場合は当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)で治療し

頭に鍼治療をする事で神経の再生速度が速くなり痛みやしびれをやわらげます。

YNSAは頭に鍼をする事により神経を通じて全身のバランスを整えます。

むち打ち症で痛みが中々改善されない方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日