Blog記事一覧 > YNSA,はり,鍼灸治療 > 口を大きく開けるとガクッとなる顎関節症

口を大きく開けるとガクッとなる顎関節症

2017.10.07 | Category: YNSA,はり,鍼灸治療

顎関節症は女性に多い疾患で

あくびをしたり、硬い物を噛んだりする時に

ガクッと音が鳴り顎関節が外れてしまう様になってしまいます

症状がひどくなると口を開けれなくなってしまったり

物が噛めなくなってしまいます

このような時に就寝時にマウスピースをしたり

顎関節に電気治療やマッサージをしても

中々痛みや症状は改善されません

この原因は身体全体の骨格の歪みであり

その歪みは足の冷えや内臓のバランスが崩れている事にります

当院にもアゴのトラブルで来院される方は多くいますが

ほとんどの方は鍼灸や骨盤矯正により改善されています

YNSA(山元式新頭鍼療法)や鍼灸治療や骨盤矯正で

総合的に身体のバランスを整え事により

口を開けたり噛んだりの動作時のクリック音も

徐々に消失されます

アゴのトラブルでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日