Blog記事一覧 > 整骨院 > 野球肩の治療

野球肩の治療

2017.10.27 | Category: 整骨院

野球の投球、水泳、バレーボールのアタックや他のスポーツの投球動作の使い過ぎにより肩を痛めてしまう事を野球肩 リトルリーガー・ショルダー 水泳肩などと言い、これは主にローテーターカフ(回旋筋腱板)を痛めてしまい起こる痛みで、そのほとんどがインナーマッスルであるローテーターカフの炎症が原因となります。ローテーターカフとは回旋筋腱と言い棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の4つのインナーマッスルの事を言い、繰り返し投球動作をしたり、誤った投球フォームにより痛めてしまいます。特に軟式野球から硬式野球に変わった時に痛めてしまう事が多くい見られ、肩を痛めてしまうには身体全体のバランスが崩れてしまう事により起こるので痛みを取るのには結果的に痛めてしまった肩だけを治療してもあまり効果は期待できません。当院では根本治療に特化し身体全体のバランスを整え肩の痛みを治療します。早期治療が早期復帰に繋がりますので早めの治療をお勧めします。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日