Blog記事一覧 > YNSA,鍼灸治療 > 嗅覚障害と鍼灸療法

嗅覚障害と鍼灸療法

2017.11.09 | Category: YNSA,鍼灸治療

風邪を引いた後に「匂いや味がしない」なんて事がよくあります。

そうなるとものを食べたときに食べ物の味が分からなくなりますが

甘さや辛さやしょっぱさはわかる場合は味覚障害ではなく嗅覚障害となります。

特に鼻風邪がひどい場合起こる事があり

これは疲労やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ

頭蓋骨が緊張を起こし脳の血行障害を起こしてしまいなります。

「病院に行ってもなかなかよくはなりません」とよく耳にします。

この場合は鍼灸療法が効果を発揮してくれます。

当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)により頭の全身のバランスを整えるポイントや

脳の嗅覚に繋がるポイントに鍼で刺激し

骨盤矯正により頭蓋骨を整え脳の血流を促進させ効果をあげています。

治療効果は個人差がありますが早期治療の場合は期待は持てます。

「匂いがしない」でお困りの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日