Blog記事一覧 > 鍼灸治療 > 自律神経のバランス低下と胸骨の違和感

自律神経のバランス低下と胸骨の違和感

2017.11.13 | Category: 鍼灸治療

自律神経のバランスを崩してしまうことで人それぞれの症状がでます。

全身の倦怠感 疲れやすい 頭痛 息苦しい 動悸 吐き気 立ちくらみ

イライラ 不眠 うつ 緊張

などが代表的な症状ですが

胸骨に反応が出ることが多く、胸骨の真ん中を軽く押してみると痛みがあることがあります。

また胸骨に痛みがなくてもその部分が「餅が張り付いて熱い」

「何か嫌な感じがする」「呼吸がしにくい」などの症状があります。

病院に行っても改善されないことが多く

このような症状には鍼灸治療がかなり有効です。

鍼灸で言う「ツボ」は神経の通り道なので

ツボを刺激する事により刺激が直接

脳へと伝わり自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

鍼は数ミリ刺すだけでも刺激は充分伝わりますので

当院では初めての方でも安心して受診出来ます。

自律神経失調症でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日