Blog記事一覧 > 接骨院,整骨院 > TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

2018.01.11 | Category: 接骨院,整骨院

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

ドアノブを回す時やフライパンを持つ時

手首を小指側に曲げる時に手首に痛みを生じる症状で

テニス・バドミントン・野球・ゴルフ・剣道・相撲など

手首に繰り返し外力が掛かるスポーツや老化が原因で起こります。

手首の小指側に複数の靱帯がありこの靭帯を痛めてしまい起こりますが

レントゲンでは映らず確実な診断をするのにはMRIでの検査が必要となります。

痛みの症状は手首にありますが

根本は首や肩や骨盤にあり

その部分を見落としてしまうと中々痛みは改善されません。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院では

TFCC損傷に対し頸椎や骨盤等の根本治療をアプローチし早期改善を目指します。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日