Blog記事一覧 > はり,交通事故治療 > むち打ち症の鍼治療

むち打ち症の鍼治療

2018.02.23 | Category: はり,交通事故治療

交通事故で多いのがむち打ち症

後ろから追突された時に背骨全体が、ムチを打つように

衝撃を吸収することからこの名前が付けられました。

この時に痛みを感じやすいのが首と腰です。

衝撃の度合いにより症状は異なり

めまい・ふらつきな・耳鳴り・吐き気などを伴うバレ・リーウ型などは

自律神経症状が出てしまうと中々、症状が改善されません。

この場合は鍼灸治療が効果が高くあります。

当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)を取り入れ

治りにくい自律神経症状を緩和させています。

YNSAは脳梗塞やパーキンソン病、腰痛、首の痛みなど様々な

症状に効果が高く、頭に鍼をする事で痛みの記憶を

脳から排除させ自律神経にも働きかけ効果を発揮します。

むち打ち症でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日