Blog記事一覧 > 整骨院 > 腱鞘炎 親指の付け根の痛み

腱鞘炎 親指の付け根の痛み

2018.03.07 | Category: 整骨院

腱鞘炎(ド・ケルバン病)は親指側の手首が痛みます。

特に親指を四本の指で包むように握り

小指側に手首を曲げると痛みが走ります。

その原因のほとんどが手の使い過ぎにより

同じ動作の繰り返しで筋疲労が起き

そこから炎症してしまい痛みを生じ

長母指外転筋腱・短母指伸筋腱の二つの腱を痛めてしまいます。

痛みを緩和させるのには安静が必要ですが

手は何かしらで使ってしまうため、特に痛めやすい利き腕は

安静しにくいのが現実です。

治療も患部でけでなく頸椎や肩の筋肉なども関係しているので

こちらも治療する事で痛みも緩和される事がほとんどです。

当院では腱鞘炎(ド・ケルバン病)には頸椎や肩などの

根本からアプローチすることで痛みを緩和させ

早期改善を目指します。

お悩みの方は、まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日