Blog記事一覧 > 整骨院 > 朝起きた時足を着いた時のカカトの痛み

朝起きた時足を着いた時のカカトの痛み

2018.03.16 | Category: 整骨院

「朝起きた時に足を着いて歩こうとした時に踵(かかと)が痛くて

足が着けない」と言う事がよくあります。

これは足底腱膜炎と言い、足の裏の腱膜(筋膜)が硬くなってしまい

起きてしまう現象です。

原因として一番は足の冷えです。

足先が慢性的に冷える事により身体が冷えてしまい最終的に

土踏まずのところが硬くなってしまいそれに付着するカカトに

痛みを生じます。

これにはカカトだけ治療しても全く効果がみられず

根本を治療しなくては痛みは除去できません。

当院では痛みの原因である骨盤の歪みを整え

それに関連する筋肉を緩める事により

カカトの痛みを緩和させます。

歩く時に踵の痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日