ホーム > Blog記事一覧 > 2017 9月の記事一覧

耳鳴りの治療

2017.09.28

耳鳴りで悩まされる方は数多くいます

鍼灸治療でもなかなか改善されなかったこともあります

しかしYNSA(山元式新頭鍼療法)よる鍼灸治療では効果がかなり高く

当院もよい結果を出しています

耳鳴りは自律神経や骨盤や頭蓋骨のバランスが崩れることにより生じるため

頭の鍼治療と骨盤矯正により脳脊髄液の循環を良くすることで

自律神経や骨格のバランスが改善され耳鳴りが緩和されます

耳鳴りでお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談ください

※耳鳴りの治療効果には個人差があります

ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

 

生理痛と鍼灸治療

2017.09.21

生理痛は自律神経が崩れ、ホルモンの分泌のバランスが悪くなり

骨盤が歪む事により起こります

生理痛を緩和させるのには体質改善が必要となります

日頃、靴下を履かなかったり、シャワーだけで湯船につからなかったり

足を冷やした環境にいる方に多く

まずは日常生活の改善をする事が重要となります

当院では鍼灸治療、日常生活のアドバイスにより身体の内面のバランスを整え

それに加え骨盤矯正する事により自律神経やホルモンバランスが良くなり

生理痛のない体質を作り上げます

生理痛でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください

ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

台風の時期に多い天気痛(気象痛)

2017.09.19

この時期に多いのが台風が来る前や来た時に

頭痛や神経痛が出てしまう天気痛(気象痛)

これは低気圧が近づくに連れて自律神経のバランスの乱れから交感神経優位となり血管が拡

張し神経を圧迫して痛みや体調不良を起こします

症状としては神経痛、骨折し古傷の痛み、頭痛やひどい肩こり、めまい、吐き気

など様々な症状があります

すべて自律神経のバランスが崩れてしまう自律神経失調症です

これには鍼灸治療が有効で自律神経のバランスを整え全身の緊張を取り除きます

台風の時期に体調不良でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい

 

ヨネモト治療院  042-728-8681

 

腰の痛みと股関節の前の痛み(鼠径部痛)

2017.09.15

腰痛の中でも腰周囲の痛みと

股関節の前である鼠径部の痛みを伴う事があります

これは腰痛とは違うと思われがちですが腰椎の前方にある大腰筋が緊張し

その捻じれが鼠径部にまで行ってしまってる場合に痛みを生じます

大腰筋は腎臓が疲れると緊張を起こし骨盤を変位させ

歪みを生じさせる腰痛の根本的な原因となる筋肉ですので腰痛の治療には

欠かせないポイントとなります

当院での腰痛治療は腰が痛いからと言って腰をただマッサージや指圧するのではなく

痛みの根本をアプローチし早期改善を目指しています

腰痛でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

 

 

耳管開放症の治療 耳の詰まり

2017.09.14

耳管開放症とは「耳が詰まった感じ」「自分の声が響く」などの症状があり

比較的に女性に多く、疲れ、睡眠不足、ストレスから来ることが多く

目まいやふら付きもある事が多い疾患です

一般に治りにくくお悩みの方が多いですが

鍼灸治療が有効です

身体の状態としては足が冷えていたりする為お風呂に入ると一時的に楽になったり

する場合もありますが、身体の内圧が上昇し頭蓋骨が緊張し脳の血流が悪い状態にあります

この為耳鳴りや、ふらつきを伴いますので鍼灸治療や骨盤矯正で脳圧を下げてあげる事により

症状は緩和されます

当院では鍼灸治療や骨盤矯正の他にYNSA(山元式新頭鍼療法)を取り入れ

効果をあげています

耳の詰まり感でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい

ヨネモト治療院   042-728-8681

子供の運動会での肉離れ

2017.09.13

秋は食欲の秋でもあり運動の秋でもあります

この時期に多いのが子供の運動会に出て普段運動しないお父さんが

張り切りすぎて脚を肉離れしてしまう事があります

これは若い頃と異なり老化やストレスにより

脳の血流が悪くなり後頭部~背中~脚の裏のラインが固くなって柔軟性を失い

瞬発力が加わったときに股の後ろやふくらはぎにストレスがかかり痛めてしまいます

症状にもよりますがひどいと足を着いて歩けなくなり

びっこを引いて歩くようになります

ここで気を付けなくてはいけないのは

患部が縮んでしまったように感じストレッチをしてしまいがちですが

患部は断裂を起こしていますのでストレッチをしてしまうと

患部を拡げてしまい余計治りにくくなりますので

幹部は2週間は安静させなければなりません

治療法も患部だけ電気などで治療してもなかなか治りませんが

根本である骨盤や頭蓋骨を治療していけば早期に復帰も珍しくはありません

世のお父さんは子供のために大変です

いつまでも脚を引きずっていないで早期治療をお勧めします

 

J鍼灸整骨院   042-728-8681

尾骨(尾てい骨)の痛み

2017.09.12

尾骨(尾てい骨)は動物で言うしっぽの部分で

座位などで痛みが出る場合があります

過去にスケートやスノボーなどで強く尻もちをついたり

様々な原因で痛みが起こります

しかし何も心当たりがなく徐々に痛みが出る場合があり

場所が場所なのでなかなか恥ずかしくて病院などに行けず放置する場合が多くみられ

痛みが限界になった時に来院される方がほとんどです

これは骨盤が後傾する事により尾骨が後方に出てしまうため座位で

尾骨が当たってしまい痛みを生じます

当院では鍼灸治療や骨盤矯正で尾骨の痛みを治療しますが特に尾骨に

直接触れて治療することはほとんどありませんのでご安心ください

犬は尾骨で感情表現し喜んだり嬉しいと尻尾を大きく振りますが

元気がないと尻尾を丸めてしまいます

これは人間も同じで尾骨は精神的な事に大きく関係しますので

当院ではうつ病や精神疾患には必ず尾骨の状態を検査しています

尾骨は早めの治療をお勧めします

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

季節の変わり目の腰痛 ぎっくり腰

2017.09.08

夏が終わり秋を迎えるこの時期に多いのが

急性の首の痛み、ぎっくり腰などです

原因は就寝時に布団をはいでしまい足を冷やしてしまったり

日中も短パンなど夏と同じ格好でいて足を冷やしてしまう事により

内臓が冷えてしまい血流が悪くなり

筋肉が硬直し骨格が歪んでしまい

身体の深部(硬膜)が緊張を起こし

ふとした動作で首や腰を「ぐきっ」とやってしまいます

季節の変わり目は夏の疲れも出やすい時期ではありますが

人間は「頭寒足熱」で足は冷やしてはいけません

夏場やこの時期に毎年腰を痛める方がいますが

足を冷やさない事を気を付けるだけでもかなりの予防効果になると思います

当院は痛みの原因を診断し

その根本を治療する事により早期改善を目指し治療をしています

早く痛みが治りたい方

まずはお電話でお気軽にご相談ください

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

慢性頭痛で痛み止めも効かない

2017.09.07

頭痛にはいろいろな種類があり

コメカミが痛くなったり、眼の奥が痛くなったり、後頭部が痛くなったり

様々な症状があり、ひどい頭痛だと痛み止めも効かない時もあります

原因のほとんどが骨格のバランスが悪くなり頭蓋骨が緊張を起こして

頭が固くなり脳の血流が悪くなった為に起こります

この様な状態になってしまうと思考力などもなくなってしまい

すべてが悪循環になってしまいます

当院での頭痛の治療はYNSA(山元式新頭鍼療法)により身体全体のバランスを整え

骨盤矯正をする事により頭蓋骨の緊張が取れ脳の血流がよくなり頭痛が緩和されます

慢性的な頭痛の場合は定期的に通院する事をお勧めし頭痛が起きにくい

体質に改善させます

頭痛でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談ください

ヨネモト治療院   042-728-8681

 

夏の疲れと ぎっくり腰

2017.09.05

9月に入り急激に涼しくなりましたが

こんな時に気を付けなければならないのが

急性腰痛 ぎっくり腰です

原因として一番多いのが寝冷えで

寝ている時に布団を剥いで足を冷やしてしまったり

真夏と同じような格好で冷房の中にいたり

季節が変化しているにもかかわらず

生活習慣が変わらずにいるために身体が

その変化について行けず身体が硬くなってしまい

腰をギクッと痛めてしまいます

暑い夏から涼しくなると暑さで頑張って来た身体が気が抜けたようになってしまい

疲れが一気に出てしまい体調を崩したときに腰を痛めてしまう事もあります

季節の変わり目の体調管理は困難ですが足先を常に冷やさない様にするだけでも

十分な予防になります

この時期の体調の悪い方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日