ホーム > Blog記事一覧 > 2017 11月の記事一覧

急に寒くなった時の腰痛

2017.11.21

昨日の様に11月なのに1月の天気になりかなり冷え込みました

こんな時には治っていた腰痛が急に出たりする事があります。

これは足先が冷えてしまう事で血行が悪くなり

内臓が冷えてしまい筋肉が緊張し骨格が歪み

痛みを生じます。

この時期は朝晩と日中の温度差が激しく服の調整が困難ですが

腰から下の冷えに気を付けるだけでもかなりの確率で予防できます。

冷えてしまったと思ったら長めの半身浴やせんねん灸などの温熱的刺激が有効です。

当院ではこの様な冷えには鍼灸治療で

冷えてしまい血行不良になってしまった身体に手足しのツボを使い血行を促進させ

身体全体の緊張を緩める事により自律神経のバランスを整え痛みの症状を緩和させます。

冷えは最大の敵です。

寒い時期の腰の痛みなどでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

 

首が回らない

2017.11.14

「首が回らない」「首を後ろにそれない」「うがいする時に首が後ろに倒れない」

などの症状があります、

急性の場合は寝違いと同じで診断名で言うと「頸椎捻挫」

しかし慢性的に首の動きが悪くなってしまっている場合もあります。

この場合は筋肉ではなく身体の深部の問題となり

これは脳から続いている神経の根本である脊髄には3層の膜で包まれていて

一番深部が軟膜でその次がくも膜、そして一番外が硬膜と呼ばれる膜で

こ一番外側の膜である硬膜が緊張する事が原因であるため

マッサージやけん引をしても全く効果はありません。

この原因である硬膜の緊張を取り除かなくては首の動きは出てきません。

当院では硬膜の緊張を緩めるためには骨盤を矯正し

脳脊髄液の分泌を促す事により頭蓋骨が矯正される事により

硬膜の緊張を取り除き首の動きを取り戻します。

首は自律神経との関連が深いため

放置すると様々な疾患の原因となるため早めの治療をお勧め致します。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

自律神経のバランス低下と胸骨の違和感

2017.11.13

自律神経のバランスを崩してしまうことで人それぞれの症状がでます。

全身の倦怠感 疲れやすい 頭痛 息苦しい 動悸 吐き気 立ちくらみ

イライラ 不眠 うつ 緊張

などが代表的な症状ですが

胸骨に反応が出ることが多く、胸骨の真ん中を軽く押してみると痛みがあることがあります。

また胸骨に痛みがなくてもその部分が「餅が張り付いて熱い」

「何か嫌な感じがする」「呼吸がしにくい」などの症状があります。

病院に行っても改善されないことが多く

このような症状には鍼灸治療がかなり有効です。

鍼灸で言う「ツボ」は神経の通り道なので

ツボを刺激する事により刺激が直接

脳へと伝わり自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

鍼は数ミリ刺すだけでも刺激は充分伝わりますので

当院では初めての方でも安心して受診出来ます。

自律神経失調症でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

嗅覚障害と鍼灸療法

2017.11.09

風邪を引いた後に「匂いや味がしない」なんて事がよくあります。

そうなるとものを食べたときに食べ物の味が分からなくなりますが

甘さや辛さやしょっぱさはわかる場合は味覚障害ではなく嗅覚障害となります。

特に鼻風邪がひどい場合起こる事があり

これは疲労やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ

頭蓋骨が緊張を起こし脳の血行障害を起こしてしまいなります。

「病院に行ってもなかなかよくはなりません」とよく耳にします。

この場合は鍼灸療法が効果を発揮してくれます。

当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)により頭の全身のバランスを整えるポイントや

脳の嗅覚に繋がるポイントに鍼で刺激し

骨盤矯正により頭蓋骨を整え脳の血流を促進させ効果をあげています。

治療効果は個人差がありますが早期治療の場合は期待は持てます。

「匂いがしない」でお困りの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681 

めまいと鍼灸治療

2017.11.08

めまいのほとんどが自律神経の乱れが原因のことが多く

自律神経のバランスを整える事により改善されます。

それには鍼灸治療や頭蓋骨矯正が有効となり

当院にも多く来院されています。

めまいが起きる原因として頭蓋骨の緊張により

脳の血流が悪くなっている事と

それにより自律神経のバランスが乱れている事にあります。

めまいには頭蓋骨の側頭骨が大きな影響があり

側頭骨が歪むと耳の後下方にある乳様突起の下がコリコリに固くなり

ここがめまいや耳のトラブルの原因となり症状を引き起こします。

当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)により身体全体のバランスを整え

CSFプラクティスのより頭蓋骨を整えめまいの症状を緩和させます。

めまいは早期治療をする事により早期改善に繋がります。

めまいでお困りの方まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院    042-728-8681

 

 

風邪をひいてから耳が聞こえにくい

2017.11.06

風邪をひいてから耳が聞こえにくい

特に鼻水が沢山出た後に聞こえにくくなる事があります。

これは頭蓋骨が緊張する事が原因で

体質的には風邪をひいたときに喉の痛みが出やすい方に多くみられ

このような体質は喉の粘液の分泌が弱く喉にウィルスが付着しやすいため

喉風邪をひいてしまい、耳の後ろにある乳様突起の下が固くなりやすく

耳やめまいなどの症状が起きやすい事が多くあります。

これには骨盤矯正をし頭蓋骨の治療が必要です。

当院では鍼灸治療で喉の痛くなりにくい体質を改善し

骨盤矯正により頭蓋骨を整える事で聞こえにくくなった耳の改善を図ります。

耳のトラブルでお困りの方

まずお電話でお気軽にご相談ください。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日