TEL

スポーツ障害の施術 | 町田むち打ち交通事故施術 接骨院 ぎっくり腰 腰痛施術 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病などの施術なら J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

〒194-0021
東京都町田市中町1-17-1 第三古谷田ビル4階

042-728-8681

営業時間

Blog記事一覧 > 接骨院,整骨院 > スポーツ障害の施術

スポーツ障害の施術

2017.06.12 | Category: 接骨院,整骨院

当院には中学生、高校、大学生のスポーツ選手が来院されます。

そのほとんどが身体の使い方が間違いがある為に起こる

スポーツ障害です。

例を挙げてみると膝の痛みです。

ヒザはほとんどが捻ったしまい痛めます。

ニーイン・トゥーアウトと言い、つま先が外を向いたまま

膝を内側に捻ったしまい内側側副靭帯を痛めてしまいます。

膝を痛めるスポーツ選手は大腿四頭筋優位の日常生活を送っている事が多いため

そこを改善するだけでも膝の痛みは変わります。

よく整形外科などで足に重りを付けて大腿四頭筋の強化をしていますが

大腿四頭筋を鍛えれば余計に膝を痛める原因を作ってしまう事になります。

当院では膝を痛めやすい方には一つの例として

座位から立位の時の動作を指導しています。

立つときに膝がつま先のラインより前に出てしまうと大腿四頭筋を使ってしまうので

まず頭をお辞儀するように下げて立つとお尻が上がる事により

大殿筋とハムストリングスを使うようになるため膝への負担が減ります。

この動作はジャンプする時の動作にも関連しジャンプ時には膝を曲げると膝に

負担が掛かるので膝ではなく股関節を曲げると膝も曲がり

ハムストリングスを使うようになるため膝の負担が減ります。

このような何気ない日常生活動作に原因がある為

ここを改善すれば痛める確率もかなり減少して来ます。

スポーツ障害でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

 

j鍼灸整骨院・ヨネモト施術院  042-728-8681