TEL

脳梗塞の感覚障害とYNSA | 町田むち打ち交通事故施術 接骨院 ぎっくり腰 腰痛施術 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病などの施術なら J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

〒194-0021
東京都町田市中町1-17-1 第三古谷田ビル4階

042-728-8681

営業時間

Blog記事一覧 > YNSA > 脳梗塞の感覚障害とYNSA

脳梗塞の感覚障害とYNSA

2019.02.19 | Category: YNSA

脳梗塞の後遺症の一つで感覚障害があり

これは温覚、冷覚、痛覚などの感覚が鈍くなり

入浴時に患側が温かさを感じにくかったり

寒い時にポカポカ感じてしまう事があります。

このような症状にはYNSA(山元式新頭鍼療法)が有効です。

YNSAは頭のポイントに鍼をする事で

全身のバランスや自律神経のバランス

内臓のバランスを整えます。

脳梗塞の後遺症の場合には

言語に関係するポイントや

手足の動き感覚に関係するポイントに鍼で刺激をする事で

言葉が出やすくなったり

手足の動きが良くなったして来ます。

特に施術を重ねて行く事で

現代医学では諦めていたステージでも

回復が期待できる事が多くみられます。

脳梗塞後遺症でお悩みの方

まだまだ諦める事はありません。

ヨネモト治療院   042-728-8681