TEL

肉離れ ももの裏の痛み ふくらはぎの痛み | 町田むち打ち交通事故施術 接骨院 ぎっくり腰 腰痛施術 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病などの施術なら J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

〒194-0021
東京都町田市中町1-17-1 第三古谷田ビル4階

042-728-8681

営業時間

Blog記事一覧 > 2018 10月の記事一覧

肉離れ ももの裏の痛み ふくらはぎの痛み

2018.10.15 | Category: 整骨院

この時期には子供の運動会があり

お父さんもつい張り切ってしまい

ももや、ふくらはぎの筋肉が走っているうちに

つってしまい

そのまま走っていると「ブチッと」

音を立てて痛めてしまう事がよくあります。

これは肉離れと言い

筋肉に傷がついてしまい

ひどい時だと断裂してしまう事もあります。

この原因は普段使わない筋肉が必要以上に負担が掛かる事で

起こりますが

根本は身体の歪みが原因で起こります。

頭蓋骨や骨盤が歪む事で屈筋(関節を曲げる筋肉)が優位になってしまい

ハムストリングスやふくらはぎの筋肉が硬くなってしまい

その状態で走ることで肉離れが起きます。

肉離れには骨盤や腰をアプローチするだけで痛みが半減してしまう事が

よくあります。

やはり根本を施術する事により

痛みは早く緩和されます。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

脳卒中の後遺症とYNSA(山元式新頭鍼療法)

2018.10.11 | Category: YNSA,鍼灸施術

脳卒中は脳梗塞や脳出血の総称で

現代医学では、その梗塞している部位や

出血している部位により

ゴールがある程度決まってしまいます。

わたしも以前、脳神経外科病院のリハビリテーション科に勤務していた時に

それを実感して来ました。

しかしYNSA(山元式新頭鍼療法)に出会ってからは違いました。

今迄の知識で不可能だった事が可能になったりするのです。

頭に鍼をするだけで動きが変わっていくお客さんの姿に感激しました。

麻痺で動かなかった手足が動くようになったり

言語障害が改善されたり

日々驚きの毎日を送ったいます。

改めて東洋医学の素晴らしさを実感させられました。

脳梗塞や脳出血の後遺症で諦めてる方

今すぐお電話をお待ちしております。

ヨネモト施術院  042-728-8681

 

 

肘の痛み 外側上顆炎 テニスエルボー

2018.10.05 | Category: 整骨院

肘の痛みは基本的に

同じ動作の繰り返しで起きる事が多く

スポーツではテニスや野球などが代表的です。

スポーツではなくてもやはり

同じ動作の仕事などで傷めてしまう事があります。

最近ではマウスで傷める方がおおくみられます。

この痛みは

原因は腕の使い過ぎによる慢性的疲労から、同じ動作の繰り返しよる炎症です。

長橈側手根伸筋

短橈側手根伸筋

総指伸筋

主にこの3つの筋肉を使うためこれらの筋肉の付着部である、肘の外側に痛みが現れます。

外側上顆炎はシップや痛み止めでは中々改善されません。

しかしこの筋肉だけを緩めても

頸椎の詰まりや胸椎の詰まり等を改善しないと

痛みは中々治まりません。

当院では痛みの根本をアプローチし

痛みを緩和させます。

肘の痛みでお悩みの方

今すぐお電話お待ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

スポーツ障害

2018.10.02 | Category: 整骨院

スポーツの秋

今年の夏は異常に暑かったので

この時期は涼しくなりスポーツをしやすい環境になりました。

運動会や各スポーツの秋の大会・・・。

そこで気を付けなければいけないのはコンディショニングです。

この時期は夏の疲れが出やすい時期

その疲れから身体のあちこちが痛くなったり

繰り返し行われる動作での疲労から

痛みに移行したり

運動会などではお父さんが張り切りすぎて

肉離れや足首の捻挫など・・・

動いやすくなった代わりに

準備体操やケアを怠らないように

注意してください。

でも自分では限界があります。

そんなけがでお悩みの方

早期改善が早期復帰に繫がる

キーワードです。

今すぐお電話をお待ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681