TEL

変形性膝関節症 | 町田むち打ち交通事故施術 接骨院 ぎっくり腰 腰痛施術 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病などの施術なら J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

〒194-0021
東京都町田市中町1-17-1 第三古谷田ビル4階

042-728-8681

営業時間

Blog記事一覧 > 2019 1月の記事一覧

変形性膝関節症

2019.01.31 | Category: 下半身の痛み

年を増すごとに膝の痛みを訴える方が多くいます。

そのほとんどが変形性膝関節症と言い

膝の関節がО脚になってしまい

痛みを伴います。

これはただ膝の関節が変形するのではなく

年齢と共に身体を曲げる筋肉が優位になり

身体が曲がって来ます。

曲げる筋肉とは腹筋、大腰筋、ハムストリングスなどが優位になり

腰が曲がって来ます。

そしてそれに合わせたバランスを取り始め

股関節が変形し

膝関節が変形します。

その事から結果的に痛くなった膝だけ施術しても

何の変化も起きません。

股の前の大腿二頭筋を鍛えても

その痛みは緩和されません。

当院では変形性膝関節症の根本である

筋肉にアプローチし

膝の運動に関係する筋肉を緩めて

痛みを緩和します。

何事も根本からの施術が必要です。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

受験生の頭痛

2019.01.29 | Category: 上半身の痛み

間もなく2月に突入します。

2月は受験シーズンです。

受験生でよく

頭が痛いと頭痛持ちの子がいます。

そもそも子供は走り回ったり

元気で動き回るのが子供ですが

大人と同じ

座りっぱなしでデスクワークをしていたら

肩も凝るし頭痛もします

この様な時は骨盤や頭蓋骨が歪んでいます。

頭も大きくなって固まっています。

当院ではこの様な子供の肩こりや頭痛にも

対応しています。

骨盤や頭蓋骨を矯正する事により

脳の働きも活性化され

リセットされ

全身の筋肉の緊張も取れます。

スポーツと同じで受験にも

コンディションは大切です。

ヨネモト治療院  042-728-8681

足首を捻って捻挫

2019.01.25 | Category: 下半身の痛み

日常生活やスポーツで足首を捻ってしまう事があります。

内反捻挫といい足を内側にした状態で

捻り外くるぶしに痛みが出ます。

極稀にその反対側に捻る

外反捻挫で内くるぶしを捻る事もありますが

ほとんどが内反捻挫になります。

このほとんどの原因は

コンディションにあり

身体が歪んでいる時に起こる現象です。

骨盤の傾きが影響し

悪い状態の時にたまたま

スポーツで痛めてしまいます。

よって施術も身体のバランスを

整えなければ痛みも早く良くなりません。

当院では足首の捻挫に対しても

身体の歪みを施術した後に

足首を施術します。

この事により

スポーツ選手は出来るだけ

早期に復帰することが出来ます。

当院では結果的に痛めた足首だけをアプローチするより

根本をアプローチし試合復帰を目指します。

J鍼灸整骨院 042-728-8681

脳出血の後遺症

2019.01.23 | Category: 脳血管障害

脳出血の後遺症は片麻痺や言語障害などがあります。

一般的に出血した部位によって

どこまでが回復出来るかが決まってしまいます。

私の脳神経外科のリハビリテーション科に勤めていた頃は

そのように思っていました。

難病をあつかう鍼灸院に勤務していた頃も

結果的に麻痺した腕や脚に対してのアプローチでしたので

あまり良い結果は期待できませんでした。

しかしYNSA(山元式新頭鍼療法)に出会ってからは

違いました。

YNSAとは頭にあるポイントに鍼をするだけで

様々な疾患に効果があります。

脳出血に対しても

脳のポイントに鍼を刺すだけで

麻痺して動かなかった腕や脚が動いたり

歩き方がスムーズになったり

言語障害が変化したりと

効果がその場で体験できます。

長年の臨床で、理想の治療法に

やっと出会う事が出来ました。

 

ヨネモト治療院  042-728-8681

脳梗塞の後遺症 温覚障害

2019.01.22 | Category: 脳血管障害

脳梗塞の後遺症で半身が

お風呂に入っている時に暖かく感じない

ドライヤを掛けても半身が感じないとか

症状は様々ですが温覚障害がある事があります。

脳神経外科的には、この温覚障害は

回復するのは困難であり

困っている方が多くいます。

そこで当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)で施術する事で

温覚障害の効果をあげています。

YNSAとは頭にある身体の領域のポイントがあり

そこに鍼をする事で

麻痺した腕や脚が動きやすくなったり

温覚が出たりします。

梗塞部位などで個人差もありますが

諦めている方でも

チャレンジしてみる価値はあると思います。

ヨネモト治療院  042-728-8681

顔面神経麻痺の後遺症

2019.01.21 | Category: 鍼灸施術

顔面神経麻痺は顔の片側が麻痺してしまい

目が閉じなかったり

口から水がこぼれてしまったりします。

当院ではYNSA(山元式新頭鍼療法)を取り入れてからは

かなりのスピードで回復しています。

顔面神経は12対ある脳神経の一つで

この顔面神経を刺激するポイントや

目、口などを刺激するポイントに

鍼をするでけで

顔が変化してきます。

ヨネモト治療院   042-728-8681

受験生の施術

2019.01.15 | Category: 骨盤矯正

いよいよセンター試験も今週末となります。

この時期は小学生から高校生まで様々な受験シーズンとなります。

それぞれ長時間にわたる坐位での受験勉強は

かなりのストレスとなります。

人は動物の為、長時間の同じ姿勢に耐えられるようには

出来ていません。

この状態が続くと、肩が凝ったり

腰が痛くなったり、頭痛がしたり

脱毛症になってしまったりと

人それぞれのストレスが様々な形で現れます。

これは自律神経に働きが悪くなり

起こってしまいます。

この様な時は必ず

骨盤や頭蓋骨が歪んでしまい。

頭が大きくなって固まった状態になります。

そうなると思考能力も低下してしまい。

中々頭が効率よく働いてくれません。

当院の骨盤頭蓋骨矯正はソフトなブロックを

腰に噛ませるだけで瞬時に歪みが矯正できます。

これにより全身の筋肉が緩み

思考力もアップして来ます。

受験のラストスパートは

骨格を整え万全の態勢で!

ヨネモト治療院   042-728-8681

 

自律神経失調症

2019.01.11 | Category: 鍼灸施術

自律神経失調症とは

全身の倦怠感 疲れやすい 頭痛 息苦しい 動悸 吐き気 立ちくらみ

イライラ 不眠 緊張など様々です。 

自律神経とは交感神経と副交感神経の2種類あり

交感神経  起きている時、身体を動かしたり意志により働く

副交感神経 寝ている時 リラックスしている時に優位 呼吸、消化など無意        識に働く

自律神経失調症はストレスなどにより交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう事を言います。

このほとんどが交感神経優位の状態が続き神経が休まらずに

起きている状態になってしまい

寝ていても副交感神経が優位にならずに

身体が休まらない状態が続き

体調を崩してしまう事が多く

頑張ってしまう性格の方に多い疾患です。

この自律神経失調症には

鍼灸が有効で、その中でもYNSA(山元式新頭鍼療法)が効果が高く

当院でも自律神経失調症や脳血管疾患など

現代医学では諦められている分野に

効果抜群です。

膝の痛み

2019.01.08 | Category: 下半身の痛み

膝は運動で傷めたり

繰り返し行われる動作で傷めたり

変形して痛みが出たり

体重を支えている関節である為

痛めやすい関節です。

始めは違和感を感じ

そこから放置していると

徐々に痛みが強くなり

曲げたり伸ばしたりの動作での痛み

悪化すると歩行時にも痛みが出るようになります。

膝の痛みの根本には骨盤の歪みがあり

骨盤は上半身の体重を支える関節がある為

その関節が歪む事により

膝も悪いバランスを取ってしまう為

負担が掛かり痛めてしまいます。

膝の痛みには骨盤矯正や

鍼灸が有効です。

 

正月休みの ぎっくり腰

2019.01.05 | Category: 腰痛

新年早々

正月休みに腰を痛めてしまう方も

多くいます。

普段やらないところを掃除したり

忘年会が続き内臓が疲れていたり

年末に仕事に追われ疲労困憊であったっり

身体が悲鳴を上げていた状態で

新年を迎え

緩んだ瞬間に「ギクッ」となってしまう事があります。

こんな腰の痛みには休息が必要と

しっかり治してあげる事も必要です。

当院では急性の腰の痛みに対し

鍼灸により根本である内臓のバランスを整え

歪んでしまった骨盤を矯正し

腰の痛みを緩和させます。

痛みのない身体で仕事を始めましょう。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681