TEL

腰痛 ぎっくり腰 坐骨神経痛  | 町田むち打ち交通事故施術 接骨院 ぎっくり腰 腰痛施術 脳梗塞 脳出血 パーキンソン病などの施術なら J鍼灸整骨院 ヨネモト治療院

〒194-0021
東京都町田市中町1-17-1 第三古谷田ビル4階

042-728-8681

営業時間

腰痛

町田の J鍼灸整骨院 ヨネモト施術院で確実腰痛対策

腰痛は年齢に関係なく老若男女悩まされている疾患です。これには大まかに急性腰痛と慢性腰痛の二つに分類され急性腰痛は「ぎっくり腰」と呼ばれ急に痛みが現れ動けなくなってしまったり運動制限などが起きてしまう腰痛で慢性腰痛は疲労や気圧、気候の変化などで痛みが出てしまう腰痛です。

急性腰痛

急性腰痛は「ぎっくり腰」とも呼ばれ、「くしゃみをした時」「物を取ろうとした時」などに起こり、その場で動けなくなってしまったりする場合や、徐々に動けなくなってしまったりと症状は様々です。
しかし、その原因はそのとき急に起こるのではなく数日前、もしくは数週間前から寝不足が続いたり、精神的ストレス状態が続く心因性のものであったり、足先を冷やしてしまい血行不良が原因であったりするところから来ることが多いと思われますが原因は一つではなく色々な悪循環が重なり合い身体の深部の緊張が起きて柔軟性がなくなり、その閾値が限界に達したときにギクッと腰を痛めてしまいます。
その症状としては腰や臀部などに痛みが出ることが多く腰椎のズレや椎間が狭くなっている事が原因と一般的に病院などで言われますが、その根本は骨盤の仙骨と腸骨で構成されている仙腸関節の歪みが原因となります。
この仙腸関節は上半身の体重を支える柱の部分に相当しここにストレスが加わると体重が支えきれなくなることにより腰椎が回転を起こし、腰の痛みを生じます。
この腰椎の回転や傾きが強くなると急性腰痛では二つのパターンでの歪みが出てきます。その一つは身体が「くの字」に前傾してしまうパターンで後ろに身体を反ることが出来なくなり、特に座位が続いた後は前傾したまま伸びない感じで固まってしまいます。

二つ目は身体が横に傾いてしまうパターンでこれは腰椎の回転と傾きが特に強くなってしまい身体が傾いている方向と逆の方向に側屈すると激痛が走ってしまい前傾してしまうパターンより状態は悪い状態です。いずれにせよ傾いてしまった時は安静と骨盤ベルトでの固定が必要となります。この傾いた状態を放置してしまうことにより腰椎椎間板ヘルニアに移行してしまう可能性があるので注意しなければなりません。

慢性腰痛

慢性腰痛は仕事や日常生活で腰に負担のかかる環境にある方に起こる腰痛で疲労がたまったり、睡眠不足、加齢、気温や気圧の変化により痛みが出てしまうことが多い腰痛です。
過去に急性腰痛を数回起こしたことがある方に多く完治させずに放置してしまうと腰痛も慢性化してしまい、ひどくなると椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などになってしまう事もありますので注意が必要となります。
痛くなる原因は日常生活動作、仕事の環境、足の冷え等となります。特に足の冷えは重要で人は「頭寒足熱」と昔からの言い伝えがあるように腰から下を冷やしてしまうと血行障害を起こし身体の深部が固まりそこから腰痛へと移行することが多く日常生活で靴下を履かずに素足で生活したり、足を冷やす人にこの慢性腰痛は多く見られます。
このように間違った生活環境で長年生活する事により腰痛も慢性化してしまいますので予防としては日常生活の改善が必要となります。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は大腿から下腿や指にかけて神経の経路に沿って痛みやシビレがある症状で、ますので主に椎間板ヘルニアや椎間関節が原因で起こるパターンと臀部の奥にある梨状筋が緊張し坐骨神経を圧迫する事により起こるパターンがあります。いずれも骨盤や頭蓋骨などの骨格の歪みが原因で起こります。
急性腰痛や慢性腰痛が悪化した時に坐骨神経痛へと移行してしまう事が多いため早めの施術により予防は出来ますが「腰が痛いけど、そのうち治るだろう」と思い放置してしまって坐骨神経痛になってしまう事が多くあります。
坐骨神経痛も腰痛同様に歪んだ骨盤や頭蓋骨、東洋医学的には内臓のバランスなどを整える事により緩和されますので、鍼灸や骨盤矯正は有効とされています。

腹筋、背筋運動で腰痛は予防できるのか?

腰痛で病院に行くとよく聞かれる言葉は「腹筋と背筋をしなさい」と言われることがよくあります。
これは何故かと言いますと病院の診断はレントゲンなどの画像診断となりますので肋骨のない腰椎は腹筋と背筋を強くして腹圧を強くする事により腰椎を保護すると言う理論となります。
しかし実際に腹筋・背筋を鍛えただけでは腰痛の予防にはなりません。
痛みは腰椎周囲にあっても根本は上半身の体重を支えている骨盤の仙腸関節が歪み、骨盤で体重を支え切れなくなり腰椎が歪んでしまい結果的に腰椎周囲の痛みが出てしまうので腹筋・背筋だけを強化しても腰痛の予防にはなりません。むしろ身体を支える臀部周囲の筋肉を強化することによりある程度の腰痛は予防できるでしょう。ウォーキングやスクワットなどが効果的な運動となります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院 腰痛施術は根本施術に特化

当院の施術の特徴は独自の検査法により痛みの原因を追究し、その根本をアプローチする事により痛みから少しでも早く解放される施術体系を組んでいます。
痛みの原因としては骨盤等の骨格の歪み、内臓の働き、血行障害、脳の血液循環、足先の冷え等となり、これらを骨盤骨格矯正・鍼灸・指圧マッサージの総合施術で施術する事により著しい効果をあげています。

また腰痛を再発しないようにするには日常生活動作の改善も必要となりますので、こちらもアドバイスしています。
腰痛は早期の施術をお勧めします。悪化すると椎間板ヘルニアや坐骨神経痛へ移行するおそれがあります。
町田・相模大野・玉川学園前の J鍼灸整骨院 ヨネモト施術院は、初めての方にも安心して施術が受けられるよう「痛くない施術」を心がけています。町田・相模大野・玉川学園前の J鍼灸整骨院 ヨネモト施術院は、JR横浜線・小田急小田原線の町田駅から歩いてすぐの場所にあります。まずはお電話でお気軽にご相談ください。