足底腱膜炎 足を着くとかかとが痛い

2018.05.18 | Category: 鍼灸治療,骨盤矯正

朝起きて、「足を着く時に踵が痛い」

「椅子に座っていて歩く時に踵が痛い」などの症状は

足底腱膜炎もしくは足底筋膜炎です。

これは土踏まずが固くなったしまい

足のアーチが崩れることで踵に痛みを生じます。

これは整形外科に行っても痛み止めやシップを頂くだけで

なんの効果も期待できません。

なぜなら、この原因は

足の冷えや、骨格の歪みである為

それを改めない限りでは痛みは取れないからです。

当院では足底腱膜炎の踵の痛みに対し

鍼灸治療や骨盤矯正により

その根本をアプローチし痛みを緩和させ

また再発しないように日常生活を改めるようにアドバイスをしています。

朝起きて歩いた時のかかとの痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

手首の痛み

2018.05.09 | Category: 整骨院

転んだ時に手をついて手首を痛めた

スポーツで徐々に手首が痛くなった

など手首の痛みも多くあります。

手首は橈骨と尺骨と手根骨で構成されていて

毛首が痛むときは、この橈骨・尺骨・手根骨のバランスが悪く

歪みがあり、また頸椎や肩の歪みも関係あります。

当院では手首の痛みには

頸椎・胸椎・骨盤・毛首の関節などの

歪みを見つけ出しアプローチすることにより

より手首の痛みを早く緩和させています。

手首の痛みはシップや固定だけでは

中々、痛みは緩和されません。

当院ではすべての痛みに対し

根本を治療し効果を上げています。

手首の痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

腰椎椎間板ヘルニア

2018.05.08 | Category: 鍼灸治療,骨盤矯正

腰椎椎間板ヘルニアの症状は腰の痛みと脚の痛みやしびれがあります。

これはレントゲンでは診断できずMRIでの診断が必要となります。

それ以外の判断するテスト法としてSLRテストと言い

仰向けで片側の脚の膝を伸ばしたまま真っすぐに他動的に挙げ

この時に脚の後方に痛みやしびれが走り

それ以上に脚が痛くて挙がらない場合

これをラセーグ徴候と言い

腰椎椎間板ヘルニアの疑いと思われます。

しかし鍼灸治療や骨盤矯正などで治療していると

確かに治療前の整形外科的テストでは陽性であっても

東洋医学的な診断をし、冷えが強い場合などは

腰の治療をする前に 

冷えの治療をしヘルニアの症状が取れてしまう事もあります。

これは根本に冷えがある事のより、それに関係する

筋肉が緊張し骨格が歪みヘルニアの症状を作っているため

症状は消失します。

このような例は珍しくなく、東洋医学ではよくある事です。

何事も「この症状は何が原因か?」が大切です。

顎関節症の痛み ポキポキ音が鳴る

2018.04.27 | Category: 鍼灸治療,骨盤矯正

顎関節症は始めのうちはアゴに違和感があり、そのまま放置すると

物を噛む時に痛みや違和感を感じます。

この段階で治療すれば早期に改善しますが

ほとんどの場合は「そのうち治るだろう」と思い放置し

悪化してしまうケースが非常に多いです。

物を噛む時に違和感や痛みがあるままにすると

今度は硬い物を噛んだ時にクリック音がするようになり

あくびをした時にもクリック音するようになります。

ここまで行くと初めて病院に行くようになる方が多くなります。

しかし顎関節症は就寝時にマウスピースをしても

中々、改善されず悩まれている方が多くいます。

顎関節症は身体の歪み原因で起こるので

根本である骨盤や頭蓋骨をアプローチしなくては改善されません。

当院では鍼灸治療や骨盤矯正により

身体全体のバランスを整えアゴの痛みを

改善させています。

顎関節症でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

坐骨神経の痛みとシビレ

2018.04.25 | Category: 腰痛,骨盤矯正

坐骨神経痛はお尻から脚の後面や側面がしびれたり、痛かったりします。

椎間板の問題かお尻の奥の筋肉である梨状筋の問題が原因で

痛むことがほとんどです。

椎間板が原因の場合は、仰向けで寝て片足を膝を伸ばしたままで

上に挙げた時に痛みか、シビレが電気の様に走ります。

この場合は椎間板ヘルニアの疑いもありますが

片足を挙げ反応がない場合は

もう一つの梨状筋が緊張を起こし坐骨神経を圧迫して

痛みやシビレが起こる事原因となります。

この時に見落としていけないのは骨盤の歪みです。

骨盤をしっかりと矯正しバランスを整えなければ痛みはかんわされません。

患部にマッサージや牽引は根本治療ではない為、改善は期待されません。

当院では坐骨神経痛に対し根本である骨盤や内臓の歪みを整え

症状を緩和させます。

坐骨神経痛でお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さ。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

野球肘

2018.04.24 | Category: 整骨院

少年野球から中学野球になった5月くらいが野球肘の患者さんが

多い時期です。

特に軟式から公式に変わった場合はとくに多くみられます。

これはボールの大きさと重さが変わり

正しいフォームで投げないと肘や肩に負担が掛かり

はじめのうちは筋肉の張りを感じますが、その状態で

投げる事を繰り返す事で炎症を起こし痛みに変わり

投げれない事になってしまいます。

張りを感じたところで安静にするか

別メニューで練習するのが一番ですが

野球はレギュラー争いがあるため、ついつい無理をしてしまう

環境にありケガに繋がってしまいます。

野球肘になってしまうと肘の周囲の筋肉だけが緊張するのではなく

頸椎や胸椎、骨盤などもバランスを崩してしまうため

根本である部分を治療しなくてはなかなか痛みは改善されません。

当院では野球肘の治療には肘だけに限らず身全体のバランスを整え

早期改善を目指します。

早期復帰には早期治療をお勧めします。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

肉離れの痛み

2018.04.19 | Category: 整骨院

肉離れは股の裏側にある筋肉でハムストリングスと言われる

大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋やふくらはぎの筋肉の下腿三頭筋などが

痛めやすく、脇腹などの腹斜筋を痛める事も稀にあります。

瞬発的に走ったり、ターンして走ったりする時に

筋肉がつれるようになり、そのまま走ってしまうと「バチッ」と

筋肉繊維が切れてしまいます。

損傷は1度~3度損傷に分類されますがほとんどが

一度損傷の場合が多く完治まで通常2~3週間くらい掛かります。

その原因は骨盤や頭蓋骨の歪みです。

これらが歪む事により、関係する筋肉が緊張し

硬くなったコンディションで瞬間的にストレスが掛かり

痛めてしまいます。

当院では肉離れの原因である骨盤などにアプローチし

早期改善を目指します。

早期治療が早期復帰につながります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

アキレス腱炎の痛み

2018.04.17 | Category: 整骨院

アキレス腱炎はスポーツで痛めることが多く

特にダッシュなどの全直疾走を繰り返しする事により

その疲労が徐々に蓄積し痛みや違和感となり

ここで無理をしてしまうと「ブチッ」と肉離れのように

痛みを感じてしまう事があります。

アキレス腱を痛めてしまう時は骨盤や腰のバランスを崩してしまい

それに関係する脚の裏側の筋肉である大腿二頭筋や

半膜様筋、半腱様筋などのハムストリングスや

ふくらはぎの下腿三頭筋やそれの延長であるアキレス腱が緊張し

固く張った状態で走った時に痛めてしまいます。

当院ではアキレス腱痛の原因である骨盤などのバランスを整え

アキレス腱の痛みを緩和させています。

すべてにおいて結果的に痛むなった場所を治療しても

遠回りになってしまいます。

早期回復にはその原因である骨盤をアプローチし

早期復帰を目指します。

アキレス腱の痛みでお悩みの方

早期治療が早期復帰に繋がります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

テニス肘 外側上顆炎

2018.04.13 | Category: 整骨院

テニス肘(外側上顆炎)は肘の外側が曲げたり、伸ばしたり

捻ったりすると痛みます。

これは繰り返し行われる動作により筋肉などの疲労から

痛みに移行してしまいます。

この時に橈骨と言う前腕の骨がもう一方の尺骨に対し

若干のズレを生じ、これが痛みの原因ともなりますので

痛みを緩和させるのには、このズレを矯正する事がポイントです。

それと同時に

長橈側手根伸筋

短橈側手根伸筋

総指伸筋

の緊張を緩める事により痛みが緩和されます。

テニス肘はシップや電気治療だけではあまり改善されません。

当院ではプロスポーツ選手が使用している最新医療機器や

腕の矯正などで肘の痛みを緩和させています。

テニス肘の痛みでお悩みの方、まずはお電話で

お気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

ヒザの裏の痛み

2018.04.10 | Category: 膝痛,骨盤矯正

ひざの痛みにはいろいろありますが

内側の痛み、外側の痛み、お皿の下の痛みなどがありますが

膝の裏が痛い時があります。裏が痛みしゃがんだりしても痛くない場合は

腰の問題が原因の事がよくあります。

骨盤や腰椎が歪んでしまい、お尻の筋肉が緊張し

脚の裏全体が緊張してしまい膝の裏にテンションを感じ

膝が痛いように感じてしまいます。

この場合は骨盤や腰椎の治療をしなくては痛みは取れません。

当院では検査に力を入れ痛みの原因を追究して

その根本を治療し効果をあげています。

痛みには必ず悪くなる順序があり

そのほとんどが内臓や筋肉や骨格のバランスが崩れて

発生しますので、その見極めが肝心です。

つらい痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日