ホーム > Blog記事一覧 > 整骨院の記事一覧

野球肘

2018.04.24

少年野球から中学野球になった5月くらいが野球肘の患者さんが

多い時期です。

特に軟式から公式に変わった場合はとくに多くみられます。

これはボールの大きさと重さが変わり

正しいフォームで投げないと肘や肩に負担が掛かり

はじめのうちは筋肉の張りを感じますが、その状態で

投げる事を繰り返す事で炎症を起こし痛みに変わり

投げれない事になってしまいます。

張りを感じたところで安静にするか

別メニューで練習するのが一番ですが

野球はレギュラー争いがあるため、ついつい無理をしてしまう

環境にありケガに繋がってしまいます。

野球肘になってしまうと肘の周囲の筋肉だけが緊張するのではなく

頸椎や胸椎、骨盤などもバランスを崩してしまうため

根本である部分を治療しなくてはなかなか痛みは改善されません。

当院では野球肘の治療には肘だけに限らず身全体のバランスを整え

早期改善を目指します。

早期復帰には早期治療をお勧めします。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

 

 

肉離れの痛み

2018.04.19

肉離れは股の裏側にある筋肉でハムストリングスと言われる

大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋やふくらはぎの筋肉の下腿三頭筋などが

痛めやすく、脇腹などの腹斜筋を痛める事も稀にあります。

瞬発的に走ったり、ターンして走ったりする時に

筋肉がつれるようになり、そのまま走ってしまうと「バチッ」と

筋肉繊維が切れてしまいます。

損傷は1度~3度損傷に分類されますがほとんどが

一度損傷の場合が多く完治まで通常2~3週間くらい掛かります。

その原因は骨盤や頭蓋骨の歪みです。

これらが歪む事により、関係する筋肉が緊張し

硬くなったコンディションで瞬間的にストレスが掛かり

痛めてしまいます。

当院では肉離れの原因である骨盤などにアプローチし

早期改善を目指します。

早期治療が早期復帰につながります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

アキレス腱炎の痛み

2018.04.17

アキレス腱炎はスポーツで痛めることが多く

特にダッシュなどの全直疾走を繰り返しする事により

その疲労が徐々に蓄積し痛みや違和感となり

ここで無理をしてしまうと「ブチッ」と肉離れのように

痛みを感じてしまう事があります。

アキレス腱を痛めてしまう時は骨盤や腰のバランスを崩してしまい

それに関係する脚の裏側の筋肉である大腿二頭筋や

半膜様筋、半腱様筋などのハムストリングスや

ふくらはぎの下腿三頭筋やそれの延長であるアキレス腱が緊張し

固く張った状態で走った時に痛めてしまいます。

当院ではアキレス腱痛の原因である骨盤などのバランスを整え

アキレス腱の痛みを緩和させています。

すべてにおいて結果的に痛むなった場所を治療しても

遠回りになってしまいます。

早期回復にはその原因である骨盤をアプローチし

早期復帰を目指します。

アキレス腱の痛みでお悩みの方

早期治療が早期復帰に繋がります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

テニス肘 外側上顆炎

2018.04.13

テニス肘(外側上顆炎)は肘の外側が曲げたり、伸ばしたり

捻ったりすると痛みます。

これは繰り返し行われる動作により筋肉などの疲労から

痛みに移行してしまいます。

この時に橈骨と言う前腕の骨がもう一方の尺骨に対し

若干のズレを生じ、これが痛みの原因ともなりますので

痛みを緩和させるのには、このズレを矯正する事がポイントです。

それと同時に

長橈側手根伸筋

短橈側手根伸筋

総指伸筋

の緊張を緩める事により痛みが緩和されます。

テニス肘はシップや電気治療だけではあまり改善されません。

当院ではプロスポーツ選手が使用している最新医療機器や

腕の矯正などで肘の痛みを緩和させています。

テニス肘の痛みでお悩みの方、まずはお電話で

お気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

TFCC損傷

2018.04.06

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)は手首の小指側の痛みで

テニスなど繰り返し行われる動作のより痛めてしまいます。

レントゲンには映らずMRIでの診断が必要となりますが

手首を小指側に曲げた時や、手の平を返した時等に

手首の小指側に痛みが走り、ドアノブを回す時にも

痛みが出ることがあります。

この場合痛めた手首だけを治療しても中々改善されません。

当院では手首の痛みに関連する

頸椎や肩や腕の筋肉に対するアプローチが必要です。

時には前腕の橈骨と尺骨と手の骨の咬み合わせがズレていたりする事があり

矯正する事で痛みが劇的に変化する事もあります。

手首の痛み、TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)で

お悩みの方、まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

足首の捻挫

2018.04.02

足首の捻挫は日常生活やスポーツなどで起きやすいケガです。

一般的には何かの動作で足を「ぐきっ」と捻ってしまい

痛めてしまいますが、そのほとんどが身体のバランスを崩している時に

起きてしまいます。

骨盤が歪み左右のバランスが崩れているコンディションでの動作で起こるため

治療も骨盤などの根本から修正する事で治るスピードもアップします。

当院では足首の捻挫には足首だけ治療するのではなく

その根っこをアプローする事で早期改善を目指します。

足首のねん挫でお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院   042-728-8681

股関節の痛み

2018.03.23

股関節の痛みは前が痛かったり

後ろ側が痛かったりします。

前の痛みは鼠径部と言い

ここの痛みは関節と言うよりも股の内側の筋肉である

内転筋を痛めてしまっている事が多くあります。

特徴として仰向けで寝て痛い方の足を反対側の股の上に乗せ

股関節を開いてみると痛くて開けない事があります。

内転筋はサッカーなどのスポーツで傷めやすい筋肉で

ボールを蹴るなどの同じ動作の繰り返しによる筋肉の疲労が原因で起きます。

この場合の痛みは骨盤周囲の筋肉や内転筋を緩める事で緩和されます。

股関節の後ろや外側が痛い場合は

股関節と言うよりも坐骨神経痛のケースが多く

骨盤の歪みが原因で起きます。

いずれにしても骨盤の矯正が必要となります。

そんな痛みでお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

ひざの痛み 治療

2018.03.19

ひざの痛みはスポーツで傷めたり

日常生活での悪い体勢での繰り返しの動作で傷めたりします。

スポーツで傷める場合に多いのが膝の内側の靭帯を損傷してしまう事です。

これは、不意に向きを変えた時に爪先を残したまま膝が内側に入ってしまい

捻ったしまいます。その時に内側側副靭帯を捻挫してしまい

それがひどくなると内側側副靭帯に付着している内側半月板損傷をも

起こしてしまう事があります。

膝は痛めてしまうと回復まで時間を要する事もあります。

当院では膝の痛みに対し根本である

骨盤や膝に関係する筋肉にアプローチする事で

早期改善、早期復帰を目指します。

膝は早期治療がポイントです。

膝の痛みでお悩みの方まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

朝起きた時足を着いた時のカカトの痛み

2018.03.16

「朝起きた時に足を着いて歩こうとした時に踵(かかと)が痛くて

足が着けない」と言う事がよくあります。

これは足底腱膜炎と言い、足の裏の腱膜(筋膜)が硬くなってしまい

起きてしまう現象です。

原因として一番は足の冷えです。

足先が慢性的に冷える事により身体が冷えてしまい最終的に

土踏まずのところが硬くなってしまいそれに付着するカカトに

痛みを生じます。

これにはカカトだけ治療しても全く効果がみられず

根本を治療しなくては痛みは除去できません。

当院では痛みの原因である骨盤の歪みを整え

それに関連する筋肉を緩める事により

カカトの痛みを緩和させます。

歩く時に踵の痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

脇腹(腹斜筋)の肉離れ

2018.03.13

物を持ったまま捻った時に

ブチッと脇腹(腹斜筋)を痛めてしまう事もあります。

野球選手がバッティングの動作で痛めてしまう事がある

肉離れと一緒で捻った時や横向きで下になった時に痛みが出る事が

多くあります。

二日後くらいには内出血痕が表われたりもします。

これは骨盤の歪みや、その周囲の筋肉の緊張から起き

患部だけの治療では痛みは治まりません。

当院では骨盤矯正や最新医療機器により

脇腹の痛みの早期改善を目指します。

脇腹をブチッとやってしまったら

まずはお電話でお気軽にご相談下さい。

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院  042-728-8681

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日