ホーム > Blog記事一覧 > 整骨院の記事一覧

朝起きて足を着いた時にカカトが痛い

2018.12.11

朝起きた時に足を着くとカカトや足底が痛い事があります。

これは足底腱膜炎(足底筋膜炎)と言い足のアーチが崩れてしまい

痛みを生じます。

原因は骨格の歪みと足の冷えです。

足が冷える事で内臓が冷えて、それに関係する筋肉が緊張し

その筋肉が付着する骨格が歪み症状がでます。

それから足のアーチが崩れてカカトが引っ張られ

痛みを生じます。

痛みを緩和させるには骨格を整え

足のアーチを整えなければなりません。

カカトの痛みお悩みの方

 

今すぐお電話を!

J鍼灸整骨院・ヨネモト治療院 042-728-8681

 

肉離れ ももの裏の痛み ふくらはぎの痛み

2018.10.15

この時期には子供の運動会があり

お父さんもつい張り切ってしまい

ももや、ふくらはぎの筋肉が走っているうちに

つってしまい

そのまま走っていると「ブチッと」

音を立てて痛めてしまう事がよくあります。

これは肉離れと言い

筋肉に傷がついてしまい

ひどい時だと断裂してしまう事もあります。

この原因は普段使わない筋肉が必要以上に負担が掛かる事で

起こりますが

根本は身体の歪みが原因で起こります。

頭蓋骨や骨盤が歪む事で屈筋(関節を曲げる筋肉)が優位になってしまい

ハムストリングスやふくらはぎの筋肉が硬くなってしまい

その状態で走ることで肉離れが起きます。

肉離れには骨盤や腰をアプローチするだけで痛みが半減してしまう事が

よくあります。

やはり根本を施術する事により

痛みは早く緩和されます。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

肘の痛み 外側上顆炎 テニスエルボー

2018.10.05

肘の痛みは基本的に

同じ動作の繰り返しで起きる事が多く

スポーツではテニスや野球などが代表的です。

スポーツではなくてもやはり

同じ動作の仕事などで傷めてしまう事があります。

最近ではマウスで傷める方がおおくみられます。

この痛みは

原因は腕の使い過ぎによる慢性的疲労から、同じ動作の繰り返しよる炎症です。

長橈側手根伸筋

短橈側手根伸筋

総指伸筋

主にこの3つの筋肉を使うためこれらの筋肉の付着部である、肘の外側に痛みが現れます。

外側上顆炎はシップや痛み止めでは中々改善されません。

しかしこの筋肉だけを緩めても

頸椎の詰まりや胸椎の詰まり等を改善しないと

痛みは中々治まりません。

当院では痛みの根本をアプローチし

痛みを緩和させます。

肘の痛みでお悩みの方

今すぐお電話お待ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

スポーツ障害

2018.10.02

スポーツの秋

今年の夏は異常に暑かったので

この時期は涼しくなりスポーツをしやすい環境になりました。

運動会や各スポーツの秋の大会・・・。

そこで気を付けなければいけないのはコンディショニングです。

この時期は夏の疲れが出やすい時期

その疲れから身体のあちこちが痛くなったり

繰り返し行われる動作での疲労から

痛みに移行したり

運動会などではお父さんが張り切りすぎて

肉離れや足首の捻挫など・・・

動いやすくなった代わりに

準備体操やケアを怠らないように

注意してください。

でも自分では限界があります。

そんなけがでお悩みの方

早期改善が早期復帰に繫がる

キーワードです。

今すぐお電話をお待ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

ひじの痛み

2018.09.03

ひじは同じ動作の繰り返しをするスポーツ

(野球・テニス・投的)で痛める事が多く

始めは筋肉の疲労により前腕が張った状態になり

それでも同じ動作を繰り返し行う事で

疲労して張った筋肉が付着している関節部分に影響し

関節を痛めてしまいます。

その場合は肘関節を形成している前腕の二つの骨と上腕骨の歪みが生じ

痛みや違和感を感じます。

この痛みや違和感を取り除くには

頸椎や胸椎の圧迫ストレスを除去し

肩や肘の痛みに関係する筋肉を緩め

肘のお関節の矯正をします。

当院では野球肘やテニス肘の痛みに対し

患部だけを施術するだけでなく

あくまでも根本から施術する事で

スポーツ選手は早期に復帰が出来るように心がけています。

早期施術が早期復帰に繋がりいます。

肘の痛みでお悩みの方

今すぐお電話をお待ちしております。

 

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

 

足首の捻挫

2018.08.16

日常生活やスポーツで多いのが足首の捻挫

これのほとんどが身体のバランス悪い時に起こる現象です。

特に腸腰筋と言う腰椎の前にある筋肉が緊張し

骨盤が歪んでしまい左右の脚の長さがくるってしまい

バランスを崩し動いた時に

捻ってしまいます。

よって足首の捻挫は足首だけを施術しても

中々痛みは取れてくれません。

当院での足首の施術は単に足首だけを施術するのではなく

根本である骨盤を中心にアプローチして

足首の痛みを緩和させています。

足首を捻ってしまい試合や練習が出来ない

スポーツ選手が当院には多く来院されています。

足首の捻挫でお悩みの方

今すぐお電話をお待ちしております。

早期施術が早期改善に繋がります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院  042-728-8681

足底腱膜炎 かかと 土踏まずの痛み

2018.07.19

ここ最近当院に多く来院されるのが

足底腱膜炎(足底筋膜炎)でこれは

朝起きて足を付いた時や座っていて立って歩こうとした時に

かかとや土踏まずに痛みが走り足を付くのが辛い症状を言います。

その原因として考えられるのが足の冷えです。

足が冷える事により足のアーチが変化し引っ張られるところに痛みが出ます。

その事から炎症ではない為、アイシングをしても意味がなく

むしろ痛みを強くしてしまいますし

骨盤の歪みもかなり影響しますので

根本的なアプローチをしないと痛みは改善されません。

当院では、カカトや土踏まずの痛みに対し

骨盤や下肢の緊張した筋肉にアプローチして

痛みを緩和させています。

この時期に多い、カカトの痛みでお悩みの方

今すぐお電話をお待ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

腱鞘炎 ドケルバン病

2018.06.28

腱鞘炎はドケルバン病とも言い親指の付け根が

物を持った時やドアノブを回した時など

手を使った時に痛みが出て、ひどくなると

お皿を洗っている時にお皿を無意識に落としてしまい割ってしまう事も

あります。

腱鞘炎は日常生活において腕の繰り返し行われる動作で

同じ所に負担が掛かり炎症を起こしてしまいます。

これは短母指伸筋と長母指外転勤とに負担が掛かり

始めは疲労からなり、後に炎症へと移行し痛みを誘発します。

基本的には安静が必要ですが

手や腕は何かしら使ってしまうもので中々安静は出来ません。

腱鞘炎は痛いところに電気や注射をしても痛みは緩和されません。

当院では腱鞘炎に対し根本である頸椎や肩、腕の歪みを

矯正する事で痛みを緩和させます。

早期改善は早期施術が一番です。

腱鞘炎でお悩みの方

今すぐお電話をお持ちしています。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院 042-728-8681

足首の捻挫

2018.06.01

不意に足首を捻り捻挫をしてしまう

なんて事がよくあります。

症状は軽い場合や重症など様々ですが

これは単に足首を捻ってしまったのではなく

身体のバランスが崩れて

その結果として足首を捻ってしまうことが

ほとんどです。

その事から足首の捻挫も

足首だけ施術しても根本を施術しなければ

早く治りません。

当院では足首の捻挫には

どこが根本かを検査して施術を行っています。

早期施術が早期改善につながります。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院   042-728-8681

手首の痛み

2018.05.09

転んだ時に手をついて手首を痛めた

スポーツで徐々に手首が痛くなった

など手首の痛みも多くあります。

手首は橈骨と尺骨と手根骨で構成されていて

毛首が痛むときは、この橈骨・尺骨・手根骨のバランスが悪く

歪みがあり、また頸椎や肩の歪みも関係あります。

当院では手首の痛みには

頸椎・胸椎・骨盤・毛首の関節などの

歪みを見つけ出しアプローチすることにより

より手首の痛みを早く緩和させています。

手首の痛みはシップや固定だけでは

中々、痛みは緩和されません。

当院ではすべての痛みに対し

根本を施術し効果を上げています。

手首の痛みでお悩みの方

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

J鍼灸整骨院・ヨネモト施術院  042-728-8681

 

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒194-0021
東京都町田市中町1−17−1 第三古谷田ビル4階

予約について

予約制とさせていただいております。

休診日

日曜日